細川建築デザイン

Project

四万十の家

四万十の家

敷地は高知県四万十市。住宅地だがところどころに田園が残っている、そんな穏やかな場所にある。
計画は事務所とガレージを併せ持つ住宅。この地で新しく四万十スタジオを立ち上げるにあたり、クライアントからの要望は「箱形の特徴的な外観と広い階段」だった。
平面計画は居住部分と事務所を明確に分離させるため車庫を中心に配置した。外観フォルムをより強調するためファサードには極力開口部を設けず閉鎖的にしている。
2階が主な居住スペースになるが、広い階段を上がると屋根が解放され、たっぷりと陽が入る中庭を配置、外観からは想像できないような明るく気持ちのいい空間になっている。この中庭を取り囲むように、リビング、ダイニング、キッチン、洗面室を緩やかに連続させている。中庭部分のガラスの面積を多くすることで視線の抜けを作り、実面積以上の開放感を与えた。

写真/藤村泰一


© 細川建築デザイン