細川建築デザイン

Project

viiit kuwabara

viiit kuwabara

松山市の住宅地に建つテラスハウス形式の戸建て賃貸住宅。専用庭を持つ3LDKの住戸を3棟建てる計画であった。3棟の間取りは同じだがサッシの色や階段、内装色を変えることで各住戸に特徴を与えた。
外部からの視線を遮った壁により、プライバシーが保たれた中庭がプランの特徴である。この囲われた空間を入居者がどのように使用するか楽しみな場所である。
また敷地には高低差があり、法面に芝生や植栽を配置することによりオープンで緑あふれる設えにした。また、夜は芝生のライトアップで防犯面など地域環境にも配慮したデザインとしている。

写真/藤村泰一


© 細川建築デザイン