細川建築デザイン

Project

高松・多賀町の家

高松・多賀町の家

敷地は香川県高松市、中心部近くの住宅地に位置する。比較的南に対する間口が狭く奥行きが長い敷地である。
敷地形状から、中央に中庭を設けるコの字型のプランを提案した。玄関ホール、リビングダイニングキッチンから中庭を楽しむことができる。
インテリアは白とグレー、ウォルナット色を中心に構成し、黒をアクセントに使っている。モダンテイストがベースだが、グレー系の木目や間接照明などにより独特の凛として柔らかく上質な空間に仕上がったのではないかと感じている。
デザインに共感いただき依頼いただいたクライアントに感謝し、ご家族がこの場所で楽しく過ごされるよう願っている。

写真/藤村泰一


© 細川建築デザイン