細川建築デザイン

Project

House-F

House-F

敷地は松山市の住宅地に位置する。
周辺の敷地条件からプライバシーを確保するため外部に対しては閉鎖的に、内側に開放するゾーニングを提案、中庭の周囲を回遊できる動線とした。リビングダイニングキッチンからは外と中、二つの庭を楽しむことができる。さらにリビングを吹き抜けとし、上方への開放感と十分な採光を確保した。
インテリアは落ち着いた色調を基本に大谷石を採用することで少し和の匂いを与えている。
お気に入りの家具や植栽とともにクライアントが豊かな時間を過ごせる上質な空間を、そんな事を考えデザインした。

写真/藤村泰一


© 細川建築デザイン